MIXは「自力でやる」or「人に頼む」?

やってはいけない3パターン

MIXをしようとして、多くの人がやってしまう3つの駄目なパターンがあります。それは、

1. 我流でMIXをする
2. MIX師に依頼する
3. MIX業者に依頼する

です。

「え、普通じゃないの?」

と思うかもしれませんね。
理由を説明します。

1. 我流でMIXをする

「1.我流でMIXをする」

これは、僕が全部体験したからこそ断言できますが、「どん底へと続く道」です。

最初は、ネットや雑誌で
断片的な知識を集めて、
それをゴチャゴチャと組み合わせます。
すると、ある程度は良くなりますが、
「ゴチャゴチャ」が一定レベルを超えると
「化粧臭い音」になり始めます。
つまり、ある時から
音はおかしくなっていきます

しかし、自分では「いい音になっている」と思っているので、有料プラグインや買ってはいけない教材を買ったりして、ほとんどの人が「自称上級者」なっていきます。

そのまま、5年も6年も経ち、やがて
「どうして結果が出ないんだろう…?」
と苦しみ始めます。

そして、現実を認めたくなくて

この苦しみは、
上達に必要な過程なんだ!

と思い込もうとします。
その状態で、10年も20年も経っている人は、Yahoo!知恵袋を見ているといくらでもいます。正直、人ごととは思えません。

僕は、運良く(?)8年で済みましたが、
本当にしんどい時間でした。
これらの失敗については、ありのままを「MIXで600万円と8年を失った僕が伝えたい「9割の人がハマるドツボのパターン」とは?」に書いています。

自分で一からMIXしようとするのは、
ちょうど

「自分で一から世界地図を作ろうとする」

ようなものです。
もちろん、理論上は可能でしょうが、
あなたがやるべきことではありません。

だって、そんなことに人生を費やすより、地図を見た方がはるかにスマートだからです。

旅行をするために
わざわざ世界地図を
自分で作る必要があるでしょうか?

MIXのやり方を自力で見つけようとするのは、そういう行為です。

2. MIX師に依頼する

そこで、自分でするのはあきらめて、MIX師に依頼する人もいます。

選択肢としては有りですが、この場合、音の判断はすべて他人がすることになります。つまり、相手のセンスや技術次第で、自分の音が全部変わってしまうのです。

僕は、個人的には
これでは全く自由が得られないと思います。
だって、自分では何もできないからです。

せいぜい、気を使いながら
あれこれお願いするぐらいでしょう。

何より、
「誰かに依存している状況」や、
「自分では何もできない状況」
というのが、
僕は一番よくないことだと思っています。
なぜなら、
クリエイティブとは程遠いからです。

僕たちは、自分自身で思い通りのものを作れるようになるべきです。それができるからこそ、音楽はたまらなく楽しいのであり、その楽しさが伝わるからこそ、聞いている人も楽しいのです。

逆に、もし僕たちに不自由があるとしたら、聞いている人は楽しくなれません。例えば、あなたは

ギターが不自由なギタリスト

の演奏を聞いていて、楽しいでしょうか?
楽しくありませんね。

つまり、音楽をやる側にとって、
「音を自由自在に操れる」
ということは、
絶対必要な条件なのです。

ですから、これができない段階で
いくらいい曲を作ったり、
上手に歌ったりしても、
僕はダメだと思っています。
だって、

「音がヘボい」
「音の仕上がりが、曲に合ってない」

という「不自由な状態」だと、結局
相手の心を打てないからです。

ですので、状況によってはMIX師に依頼するのも非常に良い選択肢になりますが、よほどのことがない限り僕は選びません

なぜなら、そこには絶対に越えられない
「不自由の壁」
があるからです。

(あと、MIX師さん達は「1」で言ったような「我流でやってきた人」が大半です。もちろん、彼らは全く悪くないし、むしろ自分で努力しようとしてきた立派な人達ですが、ちゃんとした実力を持った人を探し出すのはかなり難しいのが現状です)

3. MIX業者に依頼する

この方法は、
3つの中では一番ましだと思います。

しかし、唯一大きな欠点があります。
それは、
めちゃめちゃお金がかかるということです。

格安業者でも、表示価格以外に隠れた料金がいっぱいありますので、一曲2〜3万円ぐらいはかかかります。それを、今後何曲もやっていくとなると、簡単に20万も30万も飛んでいきます

そして、

  • 結局自分で何もできない
  • 他人に依存している

ということを考えると、
やはり根本的な問題が残ります。
さらに、

「音楽を続けるほど、お金がどんどん減っていく」

というのでは、
この先やっていけないのは明らかです。

依存している状態というのは、何をするにしてもしんどいです。

じゃあ、どうすればいいの?

僕は、これを読んでくれている人に、一番知っておいてほしいことがあります。
それは、巷で言われている

  • 「MIXは20年かかる」
  • 「素人には無理」
  • 「お金が何百万円もかかる」

というのは、全部ウソだということです。
ウソであると同時に、勘違いであり、
無知でもあります。

例えば、
僕たちが中学生になって、初めて

「方程式」

と聞いた時に、

「なんか難しそう…」

と思いましたよね?
アインシュタインの顔とか浮かびましたよね。
だけど、やり方さえわかってしまえば、
あんなに簡単なものはありません

だって、

「=」をまたいで
「+」「−」「×」「÷」を
逆にして計算するだけ

だからです。
これなら、
機械的にやっていても答えが出ますね

他にも、
「可愛く撮れる写真アプリ」が
機械的に

  • 目を大きく
  • 顔を小さく
  • 髪にツヤを

という加工をするだけで、
写っている人はみんな可愛く見えますね。
これは、つまり

可愛いと感じる条件は決まっている

ということです。
だから、そのセオリー通りに
機械的にやるだけで、
誰でも同じ効果が得られてしまうのです。

MIXも、全く同じです。
「人が高音質と感じる条件」
は決まっています。
だから、後はセオリー通りにやれば
誰でもできてしまう程度のものなのです。

結論

このように、
MIXを難しく感じるのは
「セオリーを知らないから」です。
そして、セオリーさえわかってしまえば
迷う瞬間がゼロになります。

だって、
「通学路で道に迷えない」
のと同じで
「解き方のわかる問題で悩む」
というのは不可能だからです。

セオリーというのは、地図です。「地図の通りに進む」だけなら、誰がやっても同じ結果になりますね。そこに才能は関係ありません。

ですから、まずは
MIXに対するハードルを
下げてください。
やり方さえわかれば、あんなものは
チョチョイのチョイであることは
僕が保証します。

チョチョイのチョイについては、【DTM】4時間で終わる「常識を破壊するミキシング(MIX)のやり方」を、8年かけて見つけた話に詳しく書いています。


僕は、基本的にインサート1つだけでMIXをしています。それも、DAW付属の「オマケみたいなチャンネルストリップ」だけです。

MIXにかかる時間は最短4時間くらい、
オーディオIFは使わないこともあるし、
最悪iPhoneのイヤホンだけで
MIXすることすらあります。

実際のMIX画面を見てもらえば、様子がわかると思います↓
(1分もありません)

「ほんまかいな」ですよね。
ほんまかいなでしょうが、まずは
こういう世界もあるということを
知っておいて欲しいのです。
(詳しい説明は、このページに書いています)

「いや、お前には才能があったんだろ?」
とも言われます。しかし、
僕は「これは誰でもできる」と確信しています
(実際に、僕が教えた人もできるようになりました。さっきのページに、教えた人たちの音源も載せています)

むしろ、僕は才能があったわけでも
初めからうまくいったわけでもなく、
MIXに関しては
誰よりも苦しんで、誰よりも失敗した
自信があります。

作曲に憧れた15歳、
就職してしまった20代、
音楽で生きる決意をして
仕事を辞めた28歳。

そこからは、正直地獄でした。僕は、MIXができなかったせいで、その後8年間を棒に振りました
自分の音が安っぽい。
でも、いくら勉強してもわからない。
なんとかしたくて、機材に合計600万円もつぎ込みました。しかし、それでもMIXはできるようにはなりませんでした

仕事もなく、お金もなく、
毎日家にこもって作業をし、
不安でおかしくなりそうでした。
思い出すだけでもしんどいです。

でも、そんな僕でも、
今では驚異的な速度で
MIXができるようになりました。
そして、とうとう15歳の時の夢が
現実になりました。

好きな音楽が仕事になる。
毎日、ストレスも不安もない。
自分のやりたいようにやれば、
みんなが喜んでくれる。
こんなにワクワクする人生はありません

なぜ、MIXができるようになったのか?
それは、
高価なプラグインを買ったからでもなく、
闇雲に努力したからでもなく、
単純に
効率の良いやり方を知ったから
でした。

一体どういうことか?
詳しくは、僕が「知識だけで」自由にMIXができるようになるまでの過程を、下の記事で公開しています。
(MIXに関する無料メルマガもこちら↓)

MIXで600万円と8年を失った僕が伝えたい「9割の人がハマるドツボのパターン」とは?

【DTM】4時間で終わる「常識を破壊するミキシング(MIX)のやり方」を、8年かけて見つけた話

2度とイライラしない「魔法の手順」を編み出した話。

エンジニアのMIX教材が「危険」な3つの理由とは?

「自分には才能がないのかも…」と勘違いしてしまう、よくある原因。

【そりゃできないわ…】どうやってもうまくいかない時に、1発解決する「ボタン」とは?

知っていれば「ボタンを一発押すように」解決するのに。の話

思いのままにMIXできると、どんな気分なの?

意外と想像つかないと思ったので。

【コンプレッサーは10秒でできる!】みんなよくわかってない「スレッショルド」の本当に正しい理解とは

短い動画で「胸がスッとする」この世で一番わかりやすいコンプレッサーの説明。

僕の選ぶオススメ教材

日頃使っている教材や、お気に入りのチャンネルを紹介します。

ボーカルにオートメーションを「手書き」するのが完全に無駄な3つの理由

まだこれをやってる人がたくさんいてびっくりします。

「迫力がない」「音がペラペラする」と感じる人へ

解決策は、みんな持ってる「まさかのアレ」でチェックすること。

「音楽理論ってやっぱり必要ですか?」

僕もこう思っていた時期があったのですが、めちゃくちゃ大切なことです。

好きなことでお金を得るために、やるべき「たった1つのこと」とは?

10年以上かけて、ようやく好きなことで生きられるようになった僕が見つけた、「これをやっていないと話にならないたった1つのこと」をこっそり話します。

【歌の悩み】絶望するほど歌が上手くなる?意外な理由とは

「音程」「声枯れ」「声質」全部直るから、ひとまず絶望しろ、という話。

全インサートがたった1つに!Studio Oneの超絶プラグイン「Channel Strip」のバグと対処法

全トラックこれでまかなえる、Studio One付属の「Channel Strip」。そのバグと解決法です。Studio Oneユーザーは必見中の必見。

MIXで600万円と8年を失った僕が伝えたい「9割の人がハマるドツボのパターン」とは?

MIXの「ドツボパターン」を全部やらかした僕だから言える「知らないとヤバい」実体験を、ありのままに書きました。どうか僕と同じ失敗をしないで下さい。

トップページへ戻る
イレヴンのロゴ

E.L.V.Nイレヴン

初めまして、E.L.V.Nのユーキです。

僕は、主にボーカロイドの楽曲を作っています。総再生回数は現在およそ500000回、エグジットチューンズのメジャーCDシリーズ、セガの音楽ゲーム「Project DIVA」シリーズなどに収録され、世界で販売されています。
アメリカやロシアのユーチューバーが歌ってくれたり、僕たちのオリジナルCDが中国の雑誌で紹介されたりと、各地から嬉しい反応をいただいています。

トップページでは、
ほぼ全ての作品を聞くことができます。
また、独自の
4時間でできる「常識を破壊するMIX」について詳しく書いています。


ユーキ:
作詞、作曲、ベース、ボーカル、Vocaloid調声、動画、Webデザイン

ヨー:
作曲、ギター、歯ぎしり、尻もち、霧吹き