「迫力がない」「音がペラペラする」と感じる人へ

音がペラペラ

いろんな曲を聴いていると、
ボーカル巨大症」と
高音崇拝」の曲が本当に多いです。

ボーカル巨大症は、
文字通りボーカルが大きすぎて
全然伴奏の迫力が聞こえない症状です。
高音崇拝は、
パッと見はいい音に聞こえるけど
サウンドがペラペラで、
耳が疲れてくる症状です。

ご自分のMIXや、身の回りの曲を思い出してください。こういう症状の曲はありませんか?あっちこっちにあります。プロの曲でもすごく多いです。

もちろん、MIXのバランスはほとんど「好み」なので、意図してこういう音を出している人もいます。曲の雰囲気にフィットしているなら、全く問題ありません。しかし、明らかに聞く人を不快にしている場合は、問題です。

不快な音

不快な音を作る人というのは、
「自分の出したい音」を出しています。
もっと言うと
ウケると思っている音」を出します。
しかし、これではウケません。
MIXを勘違いしている人が多すぎます。

MIXで一番大切なのは、

聞く人が、心地良くなること

です。

例えば、合コンでモテたければ
「この人といると心地良いな〜」
と思ってもらうことが必要です。なのに、

「俺はさ、見ての通りさわやか系だよ。
モテるって聞いたんだよ。
好きなんだろ?さわやか系。
人気の腕時計もバッチリ決めてるよ。
いいだろ?お前らこういうの好きなんだろ?
俺を好きになれよ、なってくれよ、ホラ」

と言っても、絶対にモテません。むしろ、みんな離れていきます。当たり前ですよね。でも、これを同じことを僕たちはMIXでやっているのです。

「気づけない」恐怖

たくさんの人に曲を聴いて欲しいなら、「心地良く聴ける音」にするのは当たり前です。なのに、ほとんどの人は「自分の聞かせたい音」をゴリ押ししています。

誰にも聞かせないのなら、それでもいいです。でも、1人でも聞く人がいるなら、相手への気配りが必要です。それができない表現者は無責任であり、わがままであると思います。

ただ、この気持ちは本当によくわかります。
僕だって、かつてはそうでした。
僕たちは、みんな「好かれたい」のです。
「気に入られたい」し、
「褒められたい」し、
「いい音だと思われたい」のです。
それが、空回りして僕たちの客観性を失わせ、
アンバランスなMIXにしてしまいます。

しかし、最も怖いのは、このことに「自分で気づけない」ことです。そのまま「不快なMIX」をし続け、どんどん聞き手に嫌われていることに、気づけないのです。

回避する方法

これを回避する方法は、2つあります。

1つは、
MIX用の「リファレンストラック」を立てることです。

リファレンスとは「参考」のことで、MIXのお手本にする曲のことです。
まず、自分で「心地いい、何時間でも聴いていたい、こんなバランスにしたい!」と思える曲を探して、MIXではその曲と同じ音になるように作業します。
これなら、その音から離れることはないので、客観性を保てます。

もう1つは、
スマートフォンのスピーカーでMIXをチェックすることです。

これはとても役に立ちます。

「えっ、なんで?
MIXのチェックは、
モニタースピーカーのような
ちゃんとしたスピーカーで
するんじゃないの??」

と思うかもしれません。
しかし、それは逆です。

むしろ、スマートフォンのスピーカーのような無茶苦茶チープなスピーカーでチェックする必要があります。なぜなら、ちょっとでも変なバランスの音を出すとすぐに破綻するので、簡単にミスに気づけます。
逆に言うと、このスピーカーで破綻しないMIXというのは、バランスが取れたMIXであり、どんなスピーカーで鳴らしても破綻することはありません。

特に、「ボーカル巨大症」にはもってこいです。なぜなら、スマートフォンのスピーカーで再生できる音はとても限られているので、ちょっとでも大きすぎる音があったら、あっという間に他の音が聞こえなくなります。だから、ボーカル巨大症はものの数秒でわかります。

決して、

「なんやねん、
スマホのスピーカーぐらい。
そんなんで聞く方がおかしいんや、
モニタースピーカーでちゃんと聞こえれば
いいやんか」

とは思わないでくださいね。
だって、今はみんなどんな曲でも、最初は「スマホのスピーカー」で聴くのですから。

弱い生き物

今回お話したのは

  1. リファレンスを立てる
  2. スマホのスピーカーでチェックする

という工夫でした。

僕たち人間は、不安定で弱い生き物です。
だからこそ、
うまく工夫しながら自分と付き合うことで、
その弱点をカバーすることができます。

僕がいつもやっている方法です。
ぜひやってみてください。


僕は、基本的にインサート1つだけでMIXをしています。それも、DAW付属の「オマケみたいなチャンネルストリップ」だけです。

MIXにかかる時間は最短4時間くらい、
オーディオIFは使わないこともあるし、
最悪iPhoneのイヤホンだけで
MIXすることすらあります。

実際のMIX画面を見てもらえば、様子がわかると思います↓
(1分もありません)

「ほんまかいな」ですよね。
ほんまかいなでしょうが、まずは
こういう世界もあるということを
知っておいて欲しいのです。
(詳しい説明は、このページに書いています)

「いや、お前には才能があったんだろ?」
とも言われます。しかし、
僕は「これは誰でもできる」と確信しています
(実際に、僕が教えた人もできるようになりました。さっきのページに、教えた人たちの音源も載せています)

むしろ、僕は才能があったわけでも
初めからうまくいったわけでもなく、
MIXに関しては
誰よりも苦しんで、誰よりも失敗した
自信があります。

作曲に憧れた15歳、
就職してしまった20代、
音楽で生きる決意をして
仕事を辞めた28歳。

そこからは、正直地獄でした。僕は、MIXができなかったせいで、その後8年間を棒に振りました
自分の音が安っぽい。
でも、いくら勉強してもわからない。
なんとかしたくて、機材に合計600万円もつぎ込みました。しかし、それでもMIXはできるようにはなりませんでした

仕事もなく、お金もなく、
毎日家にこもって作業をし、
不安でおかしくなりそうでした。
思い出すだけでもしんどいです。

でも、そんな僕でも、
今では驚異的な速度で
MIXができるようになりました。
そして、とうとう15歳の時の夢が
現実になりました。

好きな音楽が仕事になる。
毎日、ストレスも不安もない。
自分のやりたいようにやれば、
みんなが喜んでくれる。
こんなにワクワクする人生はありません

なぜ、MIXができるようになったのか?
それは、
高価なプラグインを買ったからでもなく、
闇雲に努力したからでもなく、
単純に
効率の良いやり方を知ったから
でした。

一体どういうことか?
詳しくは、僕が「知識だけで」自由にMIXができるようになるまでの過程を、下の記事で公開しています。
(MIXに関する無料メルマガもこちら↓)

MIXで600万円と8年を失った僕が伝えたい「9割の人がハマるドツボのパターン」とは?

【DTM】4時間で終わる「常識を破壊するミキシング(MIX)のやり方」を、8年かけて見つけた話

2度とイライラしない「魔法の手順」を編み出した話。

エンジニアのMIX教材が「危険」な3つの理由とは?

「自分には才能がないのかも…」と勘違いしてしまう、よくある原因。

MIXは「自力でやる」or「人に頼む」?

9割の人が陥りがちな「やってはいけない3パターン」。

【そりゃできないわ…】どうやってもうまくいかない時に、1発解決する「ボタン」とは?

知っていれば「ボタンを一発押すように」解決するのに。の話

思いのままにMIXできると、どんな気分なの?

意外と想像つかないと思ったので。

【コンプレッサーは10秒でできる!】みんなよくわかってない「スレッショルド」の本当に正しい理解とは

短い動画で「胸がスッとする」この世で一番わかりやすいコンプレッサーの説明。

僕の選ぶオススメ教材

日頃使っている教材や、お気に入りのチャンネルを紹介します。

ボーカルにオートメーションを「手書き」するのが完全に無駄な3つの理由

まだこれをやってる人がたくさんいてびっくりします。

「音楽理論ってやっぱり必要ですか?」

僕もこう思っていた時期があったのですが、めちゃくちゃ大切なことです。

好きなことでお金を得るために、やるべき「たった1つのこと」とは?

10年以上かけて、ようやく好きなことで生きられるようになった僕が見つけた、「これをやっていないと話にならないたった1つのこと」をこっそり話します。

【歌の悩み】絶望するほど歌が上手くなる?意外な理由とは

「音程」「声枯れ」「声質」全部直るから、ひとまず絶望しろ、という話。

全インサートがたった1つに!Studio Oneの超絶プラグイン「Channel Strip」のバグと対処法

全トラックこれでまかなえる、Studio One付属の「Channel Strip」。そのバグと解決法です。Studio Oneユーザーは必見中の必見。

MIXで600万円と8年を失った僕が伝えたい「9割の人がハマるドツボのパターン」とは?

MIXの「ドツボパターン」を全部やらかした僕だから言える「知らないとヤバい」実体験を、ありのままに書きました。どうか僕と同じ失敗をしないで下さい。

トップページへ戻る
イレヴンのロゴ

E.L.V.Nイレヴン

初めまして、E.L.V.Nのユーキです。

僕は、主にボーカロイドの楽曲を作っています。総再生回数は現在およそ500000回、エグジットチューンズのメジャーCDシリーズ、セガの音楽ゲーム「Project DIVA」シリーズなどに収録され、世界で販売されています。
アメリカやロシアのユーチューバーが歌ってくれたり、僕たちのオリジナルCDが中国の雑誌で紹介されたりと、各地から嬉しい反応をいただいています。

トップページでは、
ほぼ全ての作品を聞くことができます。
また、独自の
4時間でできる「常識を破壊するMIX」について詳しく書いています。


ユーキ:
作詞、作曲、ベース、ボーカル、Vocaloid調声、動画、Webデザイン

ヨー:
作曲、ギター、歯ぎしり、尻もち、霧吹き